打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?ボーイズバーか?

「ホストクラブ」はなんとなく想像がつきますが、「ボーイズバー」、「ショットバー」、「メンキャバ」、などの呼ばれ方をしているお店の違いがイマイチわかりません。 それぞれの違いや、働いた時の利点を教えて下さい。 ホストクラブの求人サイトを注意深く見ていると【業種・職種】の項目で目にする「ボーイズバー」や「メンキャバ」の文字。 その違いは以下の通りになっています


■ボーイズバー カウンター越しにお酒類を提供し、フリータイム制、チャージ料金で飲んだお酒などの料金が追加される“ホストクラブとバーの間”のような飲食店を指します。 客単価はホストクラブよりも下がりますが、男女関係無く楽しくお酒を飲める点から賑わっているお店が多いという特徴もあります。 ボーイズバーでは、特定の客の席に付く接待行為はなく、一部のお店を除き指名制度もありません。 そのため、給与体系は固定給(時給・日給)を取っているお店が多く、“ホストよりも手軽に夜の仕事をしてみたい”“バーテンダーになる前のステップ”として働くのにうってつけと言えるでしょう。 

 ■ショットバー 「BAR(バー)」とは元々、カウンターにホステスがいて接客をする店(現在のスナック)を指していました。 そこから、ホステスの接客やボトルキープを無くし、1杯(ショット)単位でお酒を気軽に飲めるバーとして派生したのが「ショットバー」です。 ショットバーの求人では、お酒をつくる「バーテンダー」を募集している所が多く、髪型自由・ピアスOK・まかない有りなどの待遇条件を受けられます。また、制服を着用しなくてはいけないお店も多いようです。 飲食業界では非常に人気の高い職種ですが、給与面ではホストクラブやボーイズバーより劣ります。 因みに、ホストクラブでもバーテンダーを募集しているお店があったりします。 

 ■メンキャバ メンキャバとは、“メンズキャバクラ”の略称です。 ホストクラブに非常に酷似しており、元々ホストクラブだったお店が経営してる事が多いです。 読んで字のごとく“男性版のキャバクラ”という位置づけで、接客内容は通常のホストクラブとさほど変わりません。 しかし、女性が接客をするキャバクラのように“時間制の導入”“指名替え可能”“売り掛け不可”というシステムを取り入れているため、従業員は自ずと売上に応じたスライド式の日給となり、給与面の条件が厳しいようです。 ⇒その他の詳しい職種・業種解説はコチラ 

新宿 渋谷エリアのボーイズバー専門バイト情報サイト

ボーイズバー求人サイト。東京都内の高級ボーイズバーの公式バイト募集サイトbaitobaito.comです。今までのボーイズバーとは違う、本物の高級ボーイズバーで「最高の待遇」と「破格の高額高収入」を得ることができます。

0コメント

  • 1000 / 1000