Jannys Gray

記事一覧(63)

皆さん五月病にやられてませんか?

「わけもなく不安になる」「食欲がない」「寝つきが悪い」などの症状がある人は、もしかすると五月病かもしれません。

今回の開運コラムでは、占術家の筆者が西洋占星術で占う「12星座別・あなたにおすすめの五月病撃退法」をご紹介します。

■12星座別!あなたにおすすめの五月病撃退法
牡羊座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、情熱を燃やせるものを見つけること。

「これは楽しい!」と思うことにたっぷり時間を費やして、思う存分楽しみましょう。

牡牛座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、心地良い時間を過ごすこと。

グルメを楽しんだりマッサージを受けたり、心と身体が喜ぶ快楽のひとときを堪能しましょう。

双子座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、日常生活にゲーム感覚をとり入れること。

苦手な人にコッソリおもしろいアダ名を付けるなど、視点を変えて楽しみましょう。

蟹座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、素直になること。

「わからないので教えてください」「ひとりではできないので手伝ってください」と周囲に助けを求めましょう。

獅子座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、アウトドアレジャーを楽しむこと。

開放的な場所で明るい太陽の光を浴びながら、のびのびと身体を動かしましょう。

乙女座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、自分を褒めてあげること。

できなかったことを気にするのではなく、「今日はこれだけできた!」と前向きに受け止めましょう。

天秤座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、人と話すこと。

身近な人に自分の気持ちや考えを話すことでポイントが整理されて、現状を冷静に判断できるでしょう。

蠍座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、深呼吸をすること。

鼻からゆっくり息を吸い込み、口からゆっくり息を吐きましょう。ヨガのレッスンに参加するのもグッド。

射手座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、軽い運動をすること。

お風呂上りにストレッチをしたり、近所をウォーキングしたり、気持ち良く身体を動かしましょう。

山羊座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、仕事や家事に優先順位をつけること。

苦手なことや面倒なことをサッサと終わらせ、やらなくて済みそうなことはスルーしましょう。

水瓶座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、日記をつけること。

不安や悪口などのネガティブな気持ちをすべて文章に書き出してみると、スッキリするでしょう。

魚座
あなたにおすすめの五月病撃退法は、のんびりすること。

何もしたくない日は無理をせずに予定をキャンセルして、部屋でゴロゴロしながら自由に過ごしましょう。

いかがでしたか? 今回のコラムでは西洋占星術で占う「12星座別・あなたにおすすめの五月病撃退法」をご紹介しました。「最近調子が出ない」という方は試してみてくださいね。また、本格的に心身の不調を感じたら、早めに医療機関で診察を受けましょう。

無料で未来を体験!ハイテク技術もおしゃれスイーツも楽しめる「METoA Ginza」

こんにちは、ソラです。

今日は珍しい所にお出かけしました。

銀座にあるんですが、未来を体験できるというMEToA GINZAです。

お客様といったんですが、とても盛り上がりました。



この春、東京ミッドタウン日比谷もオープンし、ますます賑わいを見せる銀座・日比谷エリア。ちょっと敷居が高いイメージながら、今回はワクワクするような映像と展示で最新のテクノロジーを気軽に楽しめる「METoA Ginza」を紹介。東急プラザ銀座内にあり、アクセスもバツグン!開放的なカフェも併設された銀座のとっておきスポットで、一緒に“未来”を体感してみて♪

彼と一緒に未来を体感!?身近な暮らしはテクノロジーでどう変わる?東急プラザ銀座内、3フロアに渡って展開している『METoA Ginza』は、三菱電機の技術やものづくりを身近に感じてほしいとオープンした無料の体験スペース。

ロボットや家電リサイクルなど、暮らしを豊かに、そして面白くしてくれるテクノロジーを紹介しながら、ちょっと先の未来が感じられる企画展を随時開催。

好奇心旺盛なカップルにピッタリの穴場デートスポットです。 現在のイベントテーマは『Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう』。

テクノロジーだなんて言うとちょっと遠い世界のようにも感じてしまうけど、実は意外なほど身近なトピックがたくさん。

私たちの未来はどう変わる?彼と想像しながら、最先端技術が支える未来の都市へ出かけちゃおう!まずは2階。未来の都市を映し出す、圧巻の64面ディスプレイ『METoA VISION』に思わず二人でビックリ!

会場を包むように巨大なスクリーンが設置されているから、まるで自分たちも未来都市の住人になったみたいに臨場感たっぷりです。 一見綺麗に整備されている都市にも、まだまだ課題がたくさん。

ベビーカーや車椅子での移動時の「駅改札が狭くて通りにくい」、外国人観光客にとって「日本での電車移動が不安」etc.。

そんな課題をテクノロジーで解決していく、体験アトラクションもあるので彼と一緒に是非挑戦を。

問題をクリアしていくごとに、ディスプレイに映し出された街が変化していく様子にも注目です!





NAKEDのプロジェクションマッピングや未来につながる最新技術も無料で体験! 続いて3階の展示エリアへ。

駅で街でビルの中で…、毎日の暮らしがもっと「スムース」になる身近なテクノロジーを、展示と体験ブースで紹介。

未来の暮らしを想像しながら、その便利さを体感出来ちゃいます。今回はその中から気になるテクノロジーをピックアップしてレポート! まずは改札ゲートもない、ICカードのタッチもいらない、そんな未来の改札『フルフラット改札』。

体験用ICカードを持って改札エリアに入ると、LEDで床に「OK」サインが表示され、そのまま駅構内に入場することができるというテクノロジー。 体験用ICカードを持たないまま入ろうとすると「進入禁止」の警告が。体験ながら、ちょっと焦ります(笑)。

満員電車に駅の混雑、毎朝の電車出勤におつかれ気味の彼からは「早く実用化しないかな」なんて声が聞こえてきそう。

ゲートがなくなったら、ショッピングや旅行で荷物がたくさんある時もスイスイ通れちゃうのも嬉しいポイントですね! 電車内に設置されているおなじみの『トレインビジョン』だってまだまだ進化中。

近い将来スマートフォンと連動して、路線図や構内図はもちろんのこと、目的地への最短ルートまで、個人に合わせた情報は手のひらの中へ。

“仕事帰りには疲れて寝過ごしちゃう”なんて人にも嬉しい、電車の位置情報を利用したアラーム機能も備わっていたりと、実際にタブレットを操作してみると、「便利~!!」と、思わず二人して声をそろえちゃいそうです(笑) 続いてのテクノロジーは、外国人や聴覚障がい者の方とのコミュニケーションを助けてくれる『しゃべり描きUI(ユーザーインターフェイス)』。

タブレットの画面を指でなぞって、話した言語を表示する新しいコミュニケーションツールで、10ヶ国語の翻訳にも対応。さらに地図やイラストが描けるお絵描き機能もついているから、デート中、外国人観光客に道を聞かれて…なんてシチュエーションにも役立ちそう! 普段何気なく乗っているエレベーターだって、どんどん進化中。

世界最速※!分速1,230mの『高速エレベーター』を彼と体験してみます。
(※2018年3月現在稼動しているエレベーターにおいて/三菱電機調べ)

モニターに映し出されるのは銀座の街。数寄屋橋の交差点を見降ろしたかと思った途端、遠くにはスカイツリーが現れて…勢いよく登るエレベーターの映像に二人とも夢中になってしまうはず。 毎日の生活の中で欠かせないスマートフォンもまだまだ可能性を秘めています。

コーナー中央に設置された一見ただの白い箱。実はスマートフォンで購入する自動販売機。

スマホしか触っていないのに、箱から缶ジュースが出現!漫画みたいな未来を目の当たりにして思わず笑っちゃいました。

こういった自動販売機に加えて、スピーカー、扇風機、テレビなど、スマホを使って操作できるようになって、身近な家電からボタンが無くなる日もそう遠くないのかも!?最後はアートな空間演出で人気を集める「NAKED」が手がけたプロジェクションマッピング。

今回の企画『Smooth Access City』をテーマに、人や交通の流れがスムースになる姿や幻想的な花火など、思わず引き込まれる映像の世界を楽しんだら、展示を背景にスマホで彼と記念撮影。インスタ映えもバッチリです♡ さらに写真を撮ったらそのままプリントシステムへGO。

なんと、Wi-Fi接続して写真データを送信するだけで簡単にプリントできちゃう、無料写真プリントサービスが利用できるんです(お一人様1枚限り)。

写真を撮るのも楽しい『METoA Ginza』でのデートの思い出を、その場で形に残せるなんて嬉しいですね!





インスタ映えスイーツをお供に銀座の街を眺めながらカフェタイム
METoA Ginza Me's CAFE & KITCHEN



展示を見終えたら、1階に併設されている『Me's CAFE & KITCHEN』(4月1日よりMEToA Cafe & Kitchenに店名変更)でのんびりカフェタイム。

全面ガラス張りで開放感いっぱいの店内でいただけるのは、オーストラリアのライフスタイルにインスパイアされたメニューの数々。

人気のパンケーキを目当てにしたカフェ利用はもちろん、食事メニューやお酒の種類も豊富だから夜デートにも使えそう♡ ゆったりくつろげる席を確保したら、キッチンカウンターにも注目してみて!

カウンター正面には、毎回イベントテーマに合わせたアート作品が飾られるそう。6月28日(木)までは未来の都市をイメージしたアート作品になっていますよ。 ブリズバー



イベントとのコラボはアート作品だけでなく、スイーツでも展開!

思わず「可愛い~♡」とカメラを構えちゃう「シティスケープ ブリズバー」(734円・1日10食限定)は、“食のバリアフリー”をコンセプトに、ビーガンやダイエット中でも安心して食べられるグルテン(小麦粉)&シュガー&デイリー(乳製品)フリーのブリズバー。

香り高い「抹茶」、甘さと酸味のバランスが絶妙な「ラズベリー」、ほのかな甘みがビターなブラウニーと相性抜群の「ココナッツ」。

3種のブリズバーに春色のエディブルフラワーを散らした、味はもちろん、インスタ映えもバッチリな限定スイーツを、ぜひ味わってみて.1階エントランスの雑貨コーナーでは、METoA Ginzaオリジナルグッズのほか、今ならイベントに合わせて、ジオラマや都市づくりをテーマにしたゲームなど、彼の方が夢中になっちゃいそうなラインナップで関連グッズも販売中。

デートの記念やおみやげにオススメですよ.少し先の未来が体感できちゃうイベント『Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう』はいかがでしたか?

どんどん進化していくテクノロジーを、駅の改札や自動販売機など、身近な切り口で体感できるから、彼との会話もきっと盛り上がるはず!

ショッピングにグルメ、いろいろ楽しめる銀座だけれど、まだまだ知られていない穴場デートスポット『METoA Ginza』でちょっと先の世界を2人で体感してみては♡



METoA Ginza
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座1~3F
営業時間:11:00~21:00(1Fカフェのみ~23:00 / L.O.22:00)
電話番号:03-5537-7411
最寄り駅:銀座/日比谷/有楽町
>>>『Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう』 公式サイト(外部サイト)

アニメジャパン2018お疲れ様でした。

あるー日、森の中ー、プーさんは森に帰って行った

 羽生結弦選手すごいですね。



僕もこんな強い人になりたいですね。





 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で、66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(ANA)が表彰から一夜明けた18日、平昌の日本オリンピック委員会(JOC)の施設で会見に臨んだ。4回転アクセルへの意欲とともに「もうちょっとだけ、自分の人生をスケートにかけたいなと思っています」と話し、セカンドキャリアについての考えも語った。主な一問一答は次の通り。



 ――一夜明けていかがですか?

 「ソチ五輪とは違う気持ちを込めて取りに行きました。最終的には自分の思い描いていた結果になり、メダルをかけていることが本当に幸せです」

 ――(海外メディアから)プーさんがたくさん投げ込まれましたが、どうしますか?

 「プーさんは森に帰します……。冗談です。僕がすべてを家に持って行くのは難しいです。いつも子どものチームなどに寄付しています」

 ――(海外メディアから)昨日は日本のマスコミのインタビューもあったと思いますが、どんな祝い方がありましたか? 今朝の気持ちは?

 「あまり寝られていないので、これから家族やチームメンバー、クラブのメンバーと祝うと思います。

夢がかなったことに、すごく満足…   

【FGO攻略】復刻「空の境界」イベント攻略個人的まとめ。

FGOやってる人いるかな?誰か居たらすぐにうちで働きましょう!www復刻版:空の境界コラボの攻略チャート
両儀式を入手するまでの攻略チャート  手順 内容
1 入り口、101号室のストーリークエストをクリア
2 101号室を周回し、屍人を10体倒す。
→102号室が開放される
3 102、104号室のストーリークエストをクリア
4 201号室を周回し、マンション霊を20体倒す
→103号室が開放される
5 103号室を周回し、スケルトンを20体倒す
→202号室が開放される
6 202号室を周回し、素体を20体倒す
→203号室が開放される
7 203号室を1回クリアし、204号室を開放する
8 204号室のストーリークエストをクリア
9 203号室を周回し、女性サーヴァントを10体倒す
→301号室が開放される
10 301号室を周回し、七人御佐姫を30体倒す
→304号室が開放される
11 304号室のストーリークエストをクリア
12 401号室を1回クリアし、403号室を開放する
13 403号室を周回し、アサシンサーヴァントを15体倒す
→404号室が開放される
14 404号室のストーリークエストをクリア
15 203号室か403号室を周回し、神性サーヴァントを10体倒す
→502号室が開放される
16 502号室を周回し、マンション霊を200体倒す
→504号室が開放される
17 504号室のストーリークエストをクリア
→603号室が開放される
→アサシン式が正式加入
アサシン式加入以降の攻略チャート
手順 内容
18 駐車場を出すため、ミッションを合計で60個達成
達成できそうなミッションを進めてクエスト60個達成を目指そう!
└ 603号室を周回し、スケルトン200体倒す(ウォーター・混沌・女性)
→503号室が開放
└ 各階のクリアしていないフリークエストをクリア
└ 両儀式の再臨と絆上げ(両儀式は周回時常にPTに入れておくこと)
19 駐車場でラプンツェルを10体倒す
→604号室開放
20 604号室をクリア
→704号室開放
21 704号室クリア
→801号室開放
22 クリアできるクエストをこなして部屋を開放していく!
└ 602号室を周回し、屍人200体倒す(アイス・悪属性・女性・混沌)
→702号室が開放
└ 702号室を周回し、素体を200体倒す(アイス・神性・男性)
→701号室が開放
└ 駐車場で七人御佐姫を200体倒す(黒猫も並行)
→802号室が開放
23 クリア可能な部屋を全てクリア
→804号室が解放
24 804号室をクリア
25 残ったミッションをクリア
26 焼却炉跡をクリア
→屋上が開放(2/22 18:00以降)
27 屋上(明の境界)をクリア
28 屋上(月下美人)をクリア

渡部暁斗、追い求めたコンバイン道 ヨガや座禅も導入

ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで2大会連続銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=は、我が道をひたすら究めてきた。「複合」の英語(combined)をもじって自ら名付けた「コンバイン道」。「地位や名声なんてどうでもいい」。ただ誰よりも遠くに飛び、誰よりも速く滑りたい――。自身4度目の五輪も、そのシンプルな情熱だけを携え、挑んだ。

渡部暁斗が銀 スキー複合ノーマルヒル、2大会連続
特集:平昌オリンピック
 実家は長野県白馬村のジャンプ場の近く。長野五輪があった1998年、小学3年だった渡部暁は、ジャンプ団体での日本の金メダルを会場で見ていた。小学4年でジャンプを始めるに至った原体験だ。

 そのころから探究心の塊だった。父の修さんは、小学校高学年の渡部暁の「実験」が忘れられない。

 「暁斗は研究熱心だった」。自宅の階段をジャンプ台に見立てジャンパーの模型を2階から1階に向かって飛ばす。どんな姿勢がより遠くへ飛ぶか。毎日のように投げ続け、考えた。

 高校2年で2006年トリノ五輪に出場した長野・白馬高時代。スイッチが入ったら、授業中でもお構いなしに競技をイメージした。不意にしゃがみ込んで、ジャンプの助走姿勢の確認。スケートのように板を滑らす距離スキーの動きをしながら、廊下を滑るように教室に向かうこともあった。すごいよね!!

キングダム ハーツ III詳細

行ってきました!詳細が記事に載ってたので紹介します。 2018年2月10日、東京ディズニーリゾートで、ディズニーファン向けに開催されているイベント“D23 Expo Japan 2018”にて、“キングダム ハーツ プレミアム シアター 2018”が開催。同ステージでは、既報の通り、『キングダム ハーツ III』のテーマソングが宇多田ヒカルさん書き下ろしの『誓い』に決定したことや、新ワールドにピクサーの『モンスターズ・インク』のワールドが登場することも併せて発表された。

『キングダム ハーツ III』テーマソングはやはりこの人! 宇多田ヒカルの『誓い』に決定! 新ワールドに『モンスターズ・インク』

スクウェア・エニックスは、2018年2月10日、ディズニーファン向けに開催されているイベント“D23 Expo Japan 2018にて、2018年にプレイステーション4、Xbox One向けに発売予定の『キングダム ハーツ III』のテーマソングが宇多田ヒカルさん書き下ろしの『誓い』に決定したことをアナウンス。また、新ワールドにピクサーの『モンスターズ・インク』のワールドが登場することも併せて発表された。

 それ以外にも2018年発売予定の『キングダム ハーツ III』の開発状況や現在配信中のスマホゲーム『キングダム ハーツ ユニオン クロス』のコラボ情報などが明らかにされたので、それら情報をまとめてお届けしよう。


イベント冒頭で、昨年15周年を迎え、今年16年目とシリーズを展開できているのは「世界中の皆様の応援あってこそだと思っています」と挨拶する、『KH』ブランドマネージャーの橋本真司氏。

 橋本氏の挨拶に続いて、『キングダム ハーツ』シリーズのディレクター・野村哲也氏が登壇。本ステージは“プレミアム シアター”と銘打っているだけに、映像中心の内容となり、野村氏がそれぞれの映像に解説していく形で進められた。ちなみに、映像は“プレミアム シアター”だけで公開されたスペシャルなもので、映像の撮影は禁止。ここからは、ほぼテキストのみでお届けしますのでご了承ください。


 まず、最初の映像は、ソラを演じる入野自由さんと、カイリとシオンを演じる内田莉紗さんからのビデオメッセージ。 

 ビデオメッセージの中で入野さんは、ソラを演じることについて、自身もソラといっしょに成長してきているところがあるので、声の印象やしゃべりかたはおのずと変わってきているが、「変化という意味では、自分ではそこまで意識をしていなくて、いままで(の経験を経て)変わってきた部分が、自然とソラに乗ってきている」とコメント。また、『キングダム ハーツ III』を開発中の大阪のスクウェア・エニックスに行った際に、「膨大な情報量とデザインと、いろいろな試行錯誤、みんなの努力が、ああいう形になっているんだなと改めて感じて、いっそう『KH』をいいものにしたい」と、気持ちがより高まったという。現在のお気に入りのワールドは『トイ・ストーリー』の世界。「ソラがついに『トイ・ストーリー』の世界に入ることができたという喜びと興奮は、完全ファンの皆さんと同じ気持ちでした」。最後に「ソラの持つ好奇心とか冒険心とか、そういうものといっしょに僕自身も成長できて、この15年の道をいっしょに歩けて本当に幸せです、ありがとう……っていう言葉をかけたいですね」とソラへの感謝を述べた。

 内田さんは、「『KH』のほかのキャラクターを演じるなら?」というトークテーマで、「強くてカッコいい。声優の豊口めぐみさんにもお会いして、本当に素敵な方だったので憧れます」という理由でアクアを挙げた。また、『キングダム ハーツ III』については、「いままで登場しなかったあの作品や、私が大好きなあの作品も登場するという噂を聞いているので、とても楽しみにしています。とにかくいまは、早くカイリに会いたい気持ちでいっぱいです。一生懸命がんばります」と意気込みを語った。

 入野さんと内田さんのふたりで語り合うパートでは、『キングダム ハーツ』の第1作目の収録時に、いっしょに団子屋へ行ったり、役作りをしたという懐かしいエピソードや、最近も互いの舞台を観に行くなど、ソラ、リク、カイリのような仲のいい関係がいまも続いていることなどが語られた。また、入野さんはしばらく海外に行っていたが、当時はリュックひとつで行動していたのだとか。「語学の勉強と、世界のいろいろなお芝居を観たい」という理由で海外に行き、「ソラになった気分じゃないけど、いろいろなワールドを旅して、いろいろな人に会って話をして、ソラみたいな冒険をしている感覚」だったという。

 そんなビデオメッセージを見た野村氏は、ふたりについて「最初に会ったころのまま、すごく素直で、何も問題も起こさず(笑)、大人になってくれてよかった」と、親心に近い心情からのコメントとなった。

『キングダム ハーツ ユニオン クロス』と『ファイナルファンタジー レコードキーパー』のコラボが決定
 続いての映像は『キングダム ハーツ ユニオン クロス』の開発風景や神藤辰也氏などコアスタッフとの会議(?)を撮った動画が公開。同作で人気のストレリチアのパーツはほかのキャラクターより細やかなモーションが取れるようにパーツが増やされていることや、同作が海外で作っていると言われるが、ブラウザゲームのときから東京で制作していることなどが明らかに。「ストレリチアはあのままなのか!?」と神藤氏が野村氏に問うシーンでは、もちろん答えは明らかにされなかったものの、多くの『キングダム ハーツ ユニオン クロス』プレイヤーと同様に、開発スタッフも気になっていることがわかる。ストレリチア大人気。

 以下は今後の予定をピックアップ。

・春頃に大きいアップデートを仕込んでおり、PVP(対人戦)コンテンツが実装される。

・『キングダム ハーツ ユニオン クロス』を遊んでいるユーザーに、「『キングダム ハーツ III』でお得になる感じの連動」を検討中。関連するそれらのプロジェクトは、“エクストレス”と総称されている。「『キングダム ハーツ III』と『キングダム ハーツ ユニオン クロス』は無関係じゃないんだな、というのがよりわかる。がっつりと絡んでいく感じかな」と野村氏。

・2月23日から『FFレコードキーパー』とコラボイベント開始。ケフカやギルガメッシュが『KH』風にハートレスとしてアレンジされて登場する。ドット絵のアバターも!

・『FFレコードキーパー』側もドット絵のソラやリクが登場するなど、すごく力を入れてやってもらっている。事前キャンペーンではグミシップをドット絵で再現しており、野村氏も「こっち(『キングダム ハーツ ユニオン クロス』)にもらえないかな(笑)」とお気に入りの様子。

・「ヴェントゥスはあのヴェントゥスなのか、ラーリアムはあの人物なのか」という質問に対し、「ヴェントゥスはあのヴェントゥス。ラーリアムはラーリアム」と野村氏。続けて「『キングダム ハーツ III』をやってもらえれば、そのへんがつながるので楽しめるかなと」。

・『キングダム ハーツ ユニオン クロス』でシリーズ初登場となる新ワールドもある。「そこでストーリーがガラッと変わっていく」(野村氏)のだとか。





レアハートレスが登場! グミシップがオープンワールドに!? LSIゲーム風のミニゲーム!? 『KHIII』情報盛りだくさん
 そしていよいよ、『キングダム ハーツ III』の新情報公開のパートへ。まずは、新ワールドの『モンスターズ・インク』の世界や、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルの華麗な動き、ド派手なバトルシーン、意外なキャラクターの登場などなど、見どころ満載の最新PVがお披露目された。


 続いて、野村氏が「かなり順調です」という開発の模様が映像リポートの形で流された。この秘蔵メイキング映像から、どのように『キングダム ハーツ III』が作られているのか、そしてここで判明した新事実など、気になる内容をピックアップしてお届けしよう。

・カットシーンは、まずシナリオをもとに絵コンテを作り、それをもとにボイスを収録し、ボイスをもとにアニメーションを作成し、レイアウトを行うといった流れで進行。簡易モデルで調整を行いながら、カメラアングルやシーン切り換えのタイミングも決めていく。その手順が、『塔の上のラプンツェル』のワールド冒頭のシーンをモチーフに解説された。

・『キングダム ハーツ III』から新設されたライティング班は、リアルなライトでカットシーンやゲームプレイを引き立てる役割を担う。「ライトによって見た目がぜんぜん変わる」とCo.ディレクターの安江(泰)氏が言うように、実際に『トイ・ストーリー』のワールドでライトの有無や場所などを変化させて見せてくれた。「今回は、キャラクターをかわいらしく、美しく見せるというのを、ひとつの目標にしています」(安江氏)とのこと。

・フェイシャル専門で、アニメーションを制作するチームもある。ソラの眉や目、口角など、いくつものパーツを連動させつつ動かして、豊かな表情を実現している。

・これまでのシリーズ作では、モーションをひとつひとつ手作業で付けていたが、今回は物理制御を取り入れ、ラプンツェルの髪などはハード側で計算を行って動かしている。ラプンツェルの髪は、マップ上にさまざまなオブジェクトがあるため、それらに変に干渉しないようにしつつ動かすのが難しいとのこと。ちなみに、髪は風が吹いている場所であれば自然にそよいだりもする。また、ラプンツェルは髪を木に巻きつけて回転したりと、安江氏いわく「攻撃方法はバラエティーがあって、地形に対していろいろと反応します」。

・巨大プリン型のレアハートレスも公開。アクセサリのように頭に乗せているフルーツによって種類が違うらしく、遊びかたが変わるという。これはやり込み要素にあたるもので、「それぞれに専用のミッションがあります」(安江氏)。

・ワールド間の移動といえば、グミシップ。今回は戦闘フェーズと探索フェーズに分かれており、探索フェーズではマップを自由に移動しながら、ルートやお宝を探すことができる。「グミシップはオープンワールドな感じです」と、安江氏がイメージを語った。

・「詳しくは言えないんだけど」という野村氏の言葉とともに映し出されたのは……ゲームウォッチのようなシンプルなLSIゲーム風の画面。巨大な敵の攻撃を小さく表示されたソラが避けるミニゲーム風で、画面の枠やボタンの表示もあり、ゲーム内ゲームのようなおもむき。「長年の夢がついに実現する」という言葉から察するに、野村氏肝入りの企画らしい。

・『塔の上のラプンツェル』のマップも一部公開。城下町にはたくさんの人がおり、とてもにぎやか。シリーズ作でNPCが多数街にいるのは、かなり新鮮。また、水場に飛び込んで泳ぐソラのアクションや、編んで花をあしらった髪がかわいらしい、ラプンツェルのカットシーンも少しだけ公開。

・野村氏が“武器商人”と呼ぶ、キーブレードの制作スタッフの仕事もチラ見せ。『モンスターズ・インク』のキーブレードは、いろいろなパーツが寄り集まってできたような構造。デザインを行うにあたっては、実際に映画のシーンを細かく分析し、そこからパーツを抜き出して集約したとのこと。ハードの表現力が上がっているため、エフェクトを贅沢にといった提案も行うそうだ。

・グミシップでの移動時に登場する、「シャープで角ばった感じ」の敵のラフ画も公開。グミシップ用の敵は30体以上いるそうだ。ちなみに、グミシップにはオプション(装飾)をつけられるとのこと。そのモチーフには、野村氏の愛猫も!

『キングダム ハーツ III』はすべてがケタ違い

 続いて、野村氏や安江氏を始めとする、開発のコアスタッフが集った進捗会議の模様も流された。こちらも、内容をピックアップしてお伝えしよう。

・キャラクターセクション
メインのキャラクターたちについてほぼ終わっている……と思っていたところ、ごく最近「キャラクター班はまだ余力がある」と聞いた野村氏によって、追加になったキャラクターがいる模様。「動かないやつだから」と言う野村氏に対し、「動かなくても、棒みたいな人じゃダメなわけでしょ? わかってるでしょ?」と、スタッフが詰め寄る場面も(笑)。

・背景セクション
背景は、十数個あるというワールドのうち、大きく前半ロケ(ロケーション)、中盤ロケ、後半ロケの3つに分けられている。前半ロケには『モンスターズ・インク』や『トイ・ストーリー』が含まれ、完成度は約90%。『塔の上のラプンツェル』を含む中盤ロケは、約60~70%。背景チームは恐らくスクウェア・エニックスで最大規模とのことで、大阪・東京のほか、海外の会社にも発注しているとのことだ。

・モーションセクション
着地点が見えてきてはいるものの、企画側が後から「あれをやりたい、こんなこともしたい」というオーダーを追加してくるため、まだまだ全力稼動中。とくに後半に追加された、「ゴーッて動くやつ」が、何がどうたいへんかはまったく謎だがたいへんらしい。「前から言ってた!」「聞いてない!」という、企画をぶち込む安江氏との攻防は日常茶飯事?

・安江氏いわく、「今回の『キングダム ハーツ』はケタ違い」。1個のワールドがひとつのゲームに相当し、ワールドごとにやることがまったく違ってくるという。「僕のお気に入りのワールドがまだ未発表なので、そこも楽しみにしてほしい」。

・ラストステージは、野村氏が「ずっとやってみたいと思っていた。今回はそれをやってもらおうとしているので、どこまで実現するか、どう動くのか楽しみ」と、長年温めていた企画と発言。「動く」ということは、何かしらの大掛かりなギミックがあるのだろうか?

 動画では、互いの信頼関係があるからこそのやり取りが見られ、「現場が緊迫した感じじゃないのは伝わったかなと」という野村氏の言葉通り、スタッフ自身も楽しみながら制作に取り組んでいることがうかがえた。また、『キングダム ハーツ III』には、「メイキング動画でお見せした通り、表に出ていない部分がたくさんありますが、完成に向かっています」とのこと。



 そして、本イベントの終盤にはサプライズゲストとして王様が登場! 客席を回って来場者とハイタッチしながら触れ合い、会場を大いに盛り上げた。 




ウォルト・ディズニー・ジャパンを代表して登壇したノースアジアゲーム シニアバイスプレジデント/ゼネラルマネージャーのジャスティン・スカルポーネ氏。今回の新情報を受け、ジャスティン氏は「私もいちばん奥の席で皆さんといっしょに拝見させていただいていました。ひと言でいうと「すごいな」と。さすがは野村さん、さすがはスクウェア・エニックスと思いました。本当に感謝しています」と謝意を表明した。


 記念撮影も終わり、これでイベントも終了かと思われたが、野村氏は去り際に「最後にとっておきの情報を」とひと言。公開されたのは、『キングダム ハーツ III』のテーマソングをお披露目するPV。テーマソングは宇多田ヒカルさん書き下ろしの『誓い』だ。PVの冒頭でテーマソングを宇多田ヒカルさんが担当することが明らかになると、会場からはこの日いちばんの歓声と拍手が。また、こちらのPVには新衣装をまとったリクと王様が登場。「もうひとりの俺のために」と、欠けたキーブレードを闇の海岸に残すリク。もうひとりの彼とは……!?


 新情報が出るたびに驚かされ、期待感が高まりまくる『キングダム ハーツ III』。PVの端々からケタ違いのゴージャスさと尋常じゃないおもしろさが伝わってくる。発売は2018年予定。まだまだ公開されていない驚きのネタも多々あるようなので、それらの情報にワクワクしながら、お祭り気分で発売までの日々を楽しもう

本日発売の週刊少年ジャンプで「ハンターハンター」が連載再開!

アツシです。



僕の大好きな漫画が復活しました。 週刊少年ジャンプで「ハンターハンター」が連載再開!
1月も残りわずかだが、どうもまだ何かが始まっていないような気がしていた。ピースが足りていないような、そんな物足りなさだ……。しかし、本日2018年1月29日にそれは解決した。そう、『HUNTER x HUNTER』の連載が再開したのだ! よっしゃァァァァアア!!

おめでたいので繰り返す。長らく休載していた『HUNTER x HUNTER』が、本日発売の「週刊少年ジャンプ」9号から連載再開となった。ハッキリ言って、2018年は今日から始まったと言っても過言ではないだろう。久々に登場した “アイツら” にも注目だぞ。冨樫先生、マジでありがとうございます!

・待望の連載再開
現在「暗黒大陸編」の真っ只中である『HUNTER x HUNTER』。前回は2017年6月に復活し、10週掲載された後、再び休載となっていた。今回は約4カ月ぶりの再開となるため、比較的早いご帰還と言えるだろう。ていうか、書いてくれるならいつまでも待ちますがね、こっちは。

・絶対読むべき理由
ただ、毎度言われることだが、前回どこでどうやって終わったのか思い出せないのが『HUNTER x HUNTER』だ。もちろん間が空いてしまっているのもあるが、現在進行している「暗黒大陸編」の難易度の高さも要因の1つだろう。登場人物があまりにも膨大なので、週刊だとそのすべてを把握するのは難しい。



そのため、『HUNTER x HUNTER』の復活に反応しつつも、実は読んでいないという不届き者がいる可能性もあるのだ。そんな輩には「クズめ。死で償え」と言いたくもなるが、今週の『HUNTER x HUNTER』は激熱なので必ず読むことをオススメする。そう、“幻影旅団” が久々に登場するのだ!

・旅団が登場
ヒソカ vs 団長のエピソードではマチ、コルトピ、シャルナークが登場したが、今週は4名のメンバーが久々に登場。それが誰なのかは本誌をチェックしていただきたいが、やっぱり旅団が出てくるとテンション上がるぜ! すでに早く続きを読みてェェェェエエエ!!   

ビットコインで支払い

こんにちは

ヒナタです。

なんとあの50セントがビットコインで億万長者になってたんですね!

意識せず気が付いたらってすごいですね!
ていうか、ギャラをビットコインで払う方もすごい!WWW  人気ラッパーの50セントが、ビットコインでいわゆる“億り人”になっていたことが発覚した。ニュースサイト「TMZ」の報道によると、俳優や起業家としても活躍する本名Curtis Jacksonの彼は、2014年のアルバム「Animal Ambition」の支払いをビットコインで受け取っていたという。

その際に彼が受け取ったのは700ビットコインで、当時のビットコインの相場は1ビットコインが650ドルから700ドル程度だったという。つまり、彼が当時受け取った報酬は約50万ドル(約5500万円)だったことになる。

しかし、その後ビットコインは急騰し、ここ数ヶ月は乱高下する状態ではあるものの、1ビットコインの価格は1万ドルを超えている。50セントが受け取ったビットコインの価値は、現在では810万ドル(約8億8000万円)に相当する。

50セントは先日、インスタグラムの投稿でこの事実を公開し、「(ビットコインを受け取っていたことを)しばらく忘れていたが、自分でも大したものだと思う」と述べた。

しかし、ビットコインの相場はこのところ下落基調にあり、一部の国ではその取引が政府によって規制されようとしている。メディアや50セントのファンとしては、彼がこのビットコインを手放すのか、それともホールドするのかが大いに気になるところだ。

50セントは2003年のアルバム「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン/Get Rick or Die Tryin’」で一躍有名になった。しかし、2015年には資産が2,000万ドル以下であるのに対し、負債が3600万ドルに及ぶ状態になり、米当局に自己破産を申請していた。

しかし、その後2017年2月に2200万ドルを債権者に前倒しで支払い、破産を赦免されていた。

ポプテピピック観よう!

■「ポプテピピック」とは?

アニメ「ポプテピピック」公式サイト
「ポプテピピック」は、竹書房が配信するWEBコミックサイト「まんがライフWIN」で連載中の人気4コマ漫画。通称「ポプテピ」。

14歳の女の子「ポプ子」(身長が低い方)と「ピピ美」(身長が高い方)が織りなすブラックユーモアと風刺ギャグで人気に。「サブカルクソマンガ」としてカルト的な支持を集めている。

なぜか、竹書房と確執がある描写が度々見られることでも話題だ。

作品の中で、竹書房本社ビルを破壊したり、同社の看板に「指定暴力団」と落書きした上で「もしもし ポリスメン?」と警察に通報するなど、やりたい放題の描写で読者の笑いを誘った


一時は連載中止となり、最終回で「覚えてろ竹書房...地べたを這いドロ水すすってでもまんがライフWINにもどってきてやる...」と、不穏な捨て台詞を残していた。

その後、色々あった上で同作の「セカンドシーズン」の連載がスタート(現在はサードシーズン)。ついにはアニメ化も決定。

キャッチコピーは『覚えてろ竹書房――』。期待と不安が交錯する中、ファンは放送開始を待ち続けていた。

■アニメ化決定⇒放送延期 「ハシゴを外された」

アニメ「ポプテピピック」公式サイト
アニメ「ポプテピピック」は当初2017年10月放送開始予定だった。ところが「(製作元の)キングレコードの勘違い」(公式Twitterが発表)で放送延期に。

公式サイトのポプ子・ピピ美のキャラ紹介欄には「(製作元の)キングレコードにハシゴを外された」と、恨み節ともとれる文言が記された。

本当に放送されるのか――?不安の声もあった中、制作サイドは「ポプ子」役に小松未可子さん、「ピピ美」役に上坂すみれさんという当代随一の人気を誇る声優の起用を発表。

「奇策」とも言えるこの一手に、ファンは色めき立った。


さらには原作が4コマにも関わらず「30分アニメ」として放送されることも判明。ファンの間では「1クール持つのか」と心配する声も相次いだ。

そして、2018年1月6日――。満を持して、第1話の放送を迎えた。

その内容は、衝撃の連続だった。

■衝撃1:初っ端から違うアニメがはじまる


まず、驚いたのがオープニングなしでいきなり「提供」画面から放送開始。その直後、なぜかラブコメっぽいアニメ「星色ガールドロップ」がはじまった。

これには「見るアニメを間違えた?」と困惑。その後、突如としてポプ子が登場。脈略なく「ポプテピ」本編がスタートした。

画面をぶち破って豪快に登場したポプ子
この時点で、期待通りのクソアニメ(褒め言葉)感がビンビン伝わってきた。

■衝撃2:事前告知と声優が違う

ようやく本編がはじまったと思いきや、衝撃の事実が発覚する。

事前情報で小松未可子さん、上坂すみれさんの2人が演じるとされた「ポプ子」「ピピ美」を、大御所声優の江原正士さんと大塚芳忠さんが演じていた。

2人は渋いボイスで「14歳の女の子」を好演。

特に大塚さんが演じたピピ美の「いっぱいちゅき♡」という台詞には、視聴者から「これで一週間頑張れる」「神アニメ認定」などと、なんだかよくわからないが称賛と思われる声が相次いだ。

実は原作でも、もしもアニメ化されたら声優はどうするかというテーマで、ポプ子が「江原正士さんでおねがシャス!!」、ピピ美が「大塚芳忠さんで!!」と話すシーンがあった。まさか、実現するとは...


新海誠監督の「君の名は。」や宮崎駿監督の「となりのトトロ」をはじめ、人気ゲーム「クロノ・トリガー」「ポケットモンスター」など、有名コンテンツのパロディが随所に散りばめられていた。

ちなみに江原さんと大塚さんは、過去にジョン・ウー監督の映画「フェイス/オフ」(2人の主人公が入れ替わるアクション映画)の日本語版吹き替えを担当している。

そんな2人が「君の名は。」のパロディを演じたのは、制作側の憎い心遣いだったのかもしれない。

■衝撃4:30分アニメ=同じ内容(15分)を2回放送

「る◯うに剣心」ネタを炸裂させるシーン
放送前から「4コマ漫画で30分持つのか」といった声があったが、第1話は30分枠で、前半と後半で同じ内容(15分)を2回放送するという異例の構成となっていた。

Twitterでは「21世紀でもこれまで許されたことがなかった暴挙」と、(おそらく)褒め言葉が書き込まれていた。

ただ、2話以降も同様の構成で放送されるのかは不明だ。

*ほぼ同一の内容のアニメを連続して放送した例は過去にもある。アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」(2009年版)では、8話連続でほぼ同様のストーリーが繰り返された(「エンドレスエイト」)。SF作品特有の「ループもの」を描いたものだが、当時は物議を醸した。

■衝撃5:再放送で声優が変わった

アニメ「ポプテピピック」公式サイト
さらにアニメ後半(再放送)では、声優陣が変更。「ポプ子」を三ツ矢雄二さんが、「ピピ美」を日髙のり子さんが演じた。これは往年の名作アニメ「タッチ」の主人公とヒロインの組み合わせだ。

前半に続く大御所声優の大盤振る舞い。Twitterでは「声優陣が無駄に豪華」といった声が寄せられた。特に、日髙のり子さんの「おこってないよ♡」が可愛すぎた。


――というわけで、上で挙げた以外にも(良い意味で)色々とツッコミどころが満載だったんですが、お腹いっぱいなのでこのあたりで留めておきます...。

■ネットで大反響、Twitterで世界トレンド入り

TWITTER
「世界中」のトレンドに...。
放送を受けて、Twitterでは「ポプテピピック」に関するつぶやきが相次いだ。

「ポプテピピック」はMXテレビやBS11などテレビ放送をはじめ、ニコニコ生放送やAbemaTVなどインターネットでも同時配信された。

これによって、ネット上の話題を巧みに掻っ攫うことに成功したと言えよう。


Twitterトレンドには「クソアニメ」がランクイン。視聴者からは「紛うことなきクソアニメ(褒めてる」「人生で一番長い30分」「見るストロングゼロ」「脳が処理しきれない」など、褒めているんだか貶しているんだかよくわからない評もあった。だが、多くのアニメファンの心をつかんだのは事実のようだ。

中には2017年にヒットしたアニメ「けものフレンズ」と比較し、「『けものフレンズ』は頭を空っぽにして楽しめるアニメだったけど、『ポプテピピック』は頭から強制的に脳を摘出されたような気持ちになるアニメだった」と、冷静に分析するファンもいた。

さらには「#懲役30分」というハッシュタグまで爆誕。Twitterの「世界中」のトレンドには、めでたく「ポプテピピック」「これ30分」が入った。

Yahoo!リアルタイムでも関連ワードが20位までの大半を占める事態に。「今期の覇権アニメ(シーズンを代表する作品)では」という呼び声も、じわりと出ている。


カオスに満ちた21世紀の現代を象徴する、このアニメ。ニコニコ動画やAbemaTVでの見逃し配信もあるので、気になった方はぜひ一度見てほしい。来週はどうなるのだろう...。